あなたも白い歯に - ホワイトニング

ホワイトニング - Whitening

美しさは口元から・・・  美しいスマイルは、人に対してさわやかで、清潔で、明るいイメージを与えます。口元にコンプレックスを感じておもいきって笑えなかった方が、歯並びや歯の色を変えてあげることで、コンプレックスがなくなり素敵な笑顔になります。 

 歯や口元のコンプレックスをなくすことにより、見た目のイメージを左右するだけでなく、精神面までも変えることが出来るのです。
 いつもきれいな歯でいたいなと思ったら、歯磨きは欠かせません。たとえ毎食後きちんと歯磨きをしたとしても、完全に汚れを落とすことはできません。タバコはもちろん、コーヒーや紅茶、赤ワインも歯の着色の原因となるのです。また、歯の色も肌の色と同じように、実は生まれつきのもので、個人差があります。
 美しい歯といえば「白」いというイメージがありますが、本来の歯の色は単純な「白」ではありません。 イエローがかった歯、ピンクがかった歯、ブラウンがかった歯、でもそれは自然な色なのです。このように歯が「白」くない原因は、先天的なものと後天的なものがあります。
 それぞれのケースにあった、それぞれの「美白」の方法があると言えるのです。


 

歯のホワイトニング Q&A
 
何故、歯は変色するのでしょうか?

変色にはさまざまな同日が考えられます。隙的に考えられる原因は加齢 やお茶、コーヒー コーラ、タバコなとによる着色、そして、外傷や歯の古い修復物よるものです。また、発育期の抗生物質(テトラサイクリン等)の服用による副作用やフッ素の使用による変色も考えられます。 

どんな人でもホワイトニングは可能でしょうか?

ほとんどの方が可能です。しかし、それほど効果がない場合もあります。歯科医師による審査や診断により、あなたがホワイトニングの適応症かどうか判断します。NITEホワイト・エクセルは健康な天然歯を白く輝かせるのに適しています。 

 

安全に使用することができますか?

はい。過酸化尿素を用いる歯のホワイトニングに関しては多くの研究と臨床例が報告されており、また歯科医師の適切な判断のもとで使用すれば、歯や歯肉に悪影響を及ぼすことなく安全に使用することが出来ます。 

歯が白くなるまでにどれくらいの期間が必要ですか?

通常は数日後に効果が現れ始めます。個人差にもよりますが、2週間続けることで効果がはっきりでます。 

副作用はありませんか?

一般的ですが、治療期間中に知覚花瓶症(歯がしみるような症状)が起こる場合があります。その場合も治療を中断することにより症状が軽減するか消滅しますので、安心して使用することが出来ます。 

効果はどのくらい持続するのでしょうか?

個人差にもよりますが、処置前の状態に戻ることはありません。しかし、カフェインやタバコなど着色の原因になるものを日常的に摂取している場合は、再度ホワイトニングが必要になりますので、定期的に歯科医師による審査や診断を受け、継続的に使用してください


症例写真


歯の着色

 年齢と共に自然着色が始まります。色の強い飲食物(コーヒー・茶・ジュース・コーラ・タバコ等)による事もありますし、又幼少の頃の病気、投薬、外的障害等による事もあります。 

ホワイトニングによる脱色

 濃度の薄いジェル(ホワイトニング剤)を長時間歯面にあててゆっくり、やさしく、持続的に脱色します。ジェルの成分(過酸化尿素)はもともと口腔内の消毒に使われていたものですから、安全で歯の構造を変えずに、歯が白くなります。リサーチと過去のデータは殆どの患者に効果が現れたという結果を出しています。 

ホワイトニングの仕方

まず歯科医が歯と歯肉が健康な状態であるのか診察します。過去に入れたつめものを取り換えたり、虫歯の治療が必要な場合もあります。薄くてソフトなブラスチックトレイはホワイトニングが充分快適に行えるように作成されます。トレイが作成されたら、歯科医が家庭で行うホームホワイトニングの仕方を説明します。通常は就寝時に行います。歯科医が経過を見ながら最大のホワイトニング効果が得られる日数を決めます。反応が早い人は2~3日から効果が現れます。日中する場合は最低2時間は装着してください。トレイ装着中は水は飲めますが食事は摂れません。 

歯が白くなるまでにどれくらいの期間が必要ですか?

通常は数日後に効果が現れ始めます。個人差にもよりますが、2週間続けることで効果がはっきりでます。 

その他の情報

アメリカの大学での臨床データによりますと、ホワイトニングの効果は約5年経過した後でも極端なあともどりはなかったとされています。飲食物により歯の白さが若干低下することもありますが、その場合はメインテナンスとして1~2日ホワイトニングすることもあります。 歯のタイプと着色のタイプにより、ホワイトニングによる白さの効果は異なり歯科医師はそれを事前に説明いたします。